本文へスキップ

腰痛肩こり等でお困りの方だけでなく、逆子、お子さん、うつや自律神経系の不調も治療しています。
体に優しい経絡治療の鍼灸院です



    Clip to Evernote


小児はりの実際


小児はりの実際(写真で説明します)
撮影にはお父さんの許可を頂いております

チョッと怖いよぅ〜

院長写真まずは横になってもらいたいところですが、なかなかそうはいきません。
お子さんが泣いている場合は、抱っこしたまま治療します。

背中をなでなでしていると気持ちよくなってきます。お子さんがやってもいいかな、なんて思ってくれると、横になって治療します。


チョッと怖いよぅ〜

院長写真
まずはオモチャで遊びながら…仲良くなったらコチョコチョしちゃったりもします。

う〜ん…ちょっとなれてくれたかな?


コロコロ

院長写真
コロコロ転がす鍼を使っているところです。

いきなり身体を触ると怖がる子もいますので、先ずは手足にそ〜っと触れて、痛くないんだよ!って感じてもらいます

鍼といっても色々な種類があります。その子の症状によって使う鍼は変えますが、子どもの治療では先の尖ったものは使いませんから安心してください。


院長写真
これらが子どもに使う鍼です。皮膚へのアプローチをどのように行うかで、様々な症状をよくしていきます。


ぉ腹を温めてます

院長写真
おなかって気持いい
温かくって、気持ちよくって、だいぶなれてきたかな!




背中をコロコロ

院長写真

背中をコロコロ


あれッ…。いつの間にか、静かにうつぶせになってくれました。


終わりました〜!!

院長写真
背中も温灸で温めました
気持ちよさそうでしょ
これでどんどん元気になるよ。




治療が終わりました
所要時間5分ぐらい
すっかりご機嫌です。


所要時間
子どもの治療は時間をかけると効果が少なくなります。的確にすばやく処置することが治療のポイントになります。

TEL
03-3401-8918

おおした鍼灸院〒107-0062
東京都港区南青山2-9-27、2-A
MAILyochytake@gmail.com

フォームでの予約および問い合わせ
フォームメーラー


お休み

院長写真