本文へスキップ

腰痛肩こり等でお困りの方だけでなく、逆子、お子さん、うつや自律神経系の不調も治療しています。
体に優しい経絡治療の鍼灸院です



    Clip to Evernote


小どもを抱きしめるということ


小児はりの実際(写真で説明します)
撮影にはお父さんの許可を頂いております

 → 小児はりについて
 → ブログ 子育てについて


だきしめる

院長写真しっかり抱きしめられて育った子どもの方が、社会(世界)に飛び出す力を身につけます。

これはどんなことがあっても私を受け止めてくれる場所、無条件に私を受け入れてくれる場所の存在に、確信が持てるためです。

子どもの頃から早く大人になることを求められた子どもや、ちょっとマセて斜に構えた生き方をしていた子どもの方が、親元や地元から離れられないものです。

早くから自立心を養うためといって、一人で寝かせるとか、ふれあいを拒否するような行動は、逆に子どもたちの自立心を妨げ、結果的に外に飛び立とうとする芽を摘み取ることになるとことがあると思います。子どもに触れて、自分が子どもにどうしたいのか、感じてそれを行動に移す、それで十分なのでは無いかと思っています。


触れることを少し科学的に…


触れるとどうなる?

軽く触れる事により副腎髄質からのカテコールアミンを抑制しますが、強い刺激では逆にカテコールアミンを増加させます。

カテコールアミンは別名”闘争ホルモン”とも呼ばれています。

これは副腎髄質や交感神経、脳細胞から分泌され、血圧上昇、発汗、血糖上昇、覚醒、血液凝固系の亢進等の変化をもたらします。

この反応はもともとは、敵や獲物に出会った瞬間にすばやく戦闘(もしくは逃避)態勢をとるための急性の反応(emergency reaction)です。

この反応により、心臓や脳、筋肉への酸素やエネルギー供給を増加させたり、けがをした場合に出血を最小限にとどめる作用をしますが、これが長時間分泌されるとストレスとなり成長を妨げることになるので、普段は多く分泌されることはありません

ですから、子どもにやさしく触れることで、子どもはこの闘争ホルモンを刺激されることなく安心して成長することになります。


触れることでプロラクチンが分泌されます

ふれあう事で多く分泌されるホルモンにプロラクチンがあります。

これにより
精神力アップ
免疫力アップ
筋力アップ (火事場のバカぢからはまさにこの物質の作用によるものです)


このホルモンは寝ている間に最も多く生まれ、ペットや子どもと接する事で多く分泌されます。

ご年配の方でも(でもというのは失礼ですね)異性と触れ合うことによりこのホルモンは多く分泌されます。

ですから異性を思い、着飾って外出する事による喜びの感情はプロラクチンを活性化し元気に若々しくいられる源になります。

またこのホルモンは光の中で眠ると産出されないので、夜遅くまでおきているような生活スタイルで、なおかつ明るくなっても寝ているような生活スタイルだとよくありませんね。

(追記:プロラクチンには妊娠を妨げる作用もあります。不妊症の治療では問題になるホルモンなのでご不明の点があれば専門機関にお問い合わせ下さい。)


医療の原点

医療の原点は「手当て」といって、痛いところに手を当てる行為から始まりました。

これは古今東西変わることはありません。

「手」が医学の出発点だとすれば、先ずお父さん、おかあさんがお子さんの身体に触れることから医学は出発しているのかもしれません。 


TEL
03-3401-8918

おおした鍼灸院〒107-0062
東京都港区南青山2-9-27、2-A
MAILyochytake@gmail.com

フォームでの予約および問い合わせ
フォームメーラー


お休み

院長写真